祖父

父方の祖父の体調が芳しくない。元々体調が良くなく、歩くのも困難になったため2020年ごろから老人ホームに入居した。詳しい時期は覚えていない。 それが2022年1月26日に誤嚥性肺炎で入院してしまった。 誤嚥性肺炎と言うと母方の祖父の方もこれがきっかけで体調が悪化し、亡くなってしまったという過去がある。 そのため今回もとても嫌な予感というか、当時の胸のざわつきが想起された。

2月2日には肺炎は治った。しかし呼吸は思うように回復せず、呼吸器なしには生活できない状態になってしまった。呼吸器がないとダメ、ということはつまり食事もできないということだ。もう少し元気であれば胃瘻で栄養を取るという手段も取れたらしいが今は手術に耐える体力と逆流のリスクを鑑みたときに、もう点滴でしか栄養を摂取できないという。 高齢で血管がすでにボロボロということもあり、点滴を続けるにも限界があるという。

自分にとって身近な人の命の際(きわ)に遭遇するのは前述の母方の祖父に次いでの2例目となる。 幸いなことにふたりとも高齢ゆえのものなので、天寿を全うできていると言えるのだと思う。

母方の祖父のときも(重度のアル中故に)栄養失調により動けなくなり、しばらくの入院生活を経て亡くなった。当時は親の配慮からか、危険な状態だとかそういった情報は事前にはあまり来ず、唐突な訃報となった。 当時社会人1年目で仕事中だった自分は近親者の死というものにどう向き合えばいいのかわからず、夕方頃に訃報を受け取っても早退することもなく仕事を続けた。まだ現実感がなく悲しいとかそういう気持ちもなく、ただ頭がボーッとして考えがまとまらないということ、それ故、こういうときにどうしたらいいかわからないんです、と上司に伝えたことは今でも覚えてる。

2回目となりそうな今も全く同じ状況だ。まだ受け入れられていないだけなのだと思う。身内の不幸に泣けないなんて共感力が欠落しているんじゃないか、なんて思ったけど前もそうだったのだから。 前は対面した瞬間一気に現実を突きつけられ、涙が止まらなくなったのだ。亡くなる瞬間に居合わせた祖母や母はもうその儀式を済ませていた(また、今思えば心の準備もできていたのだろう)ので、自分が着いた頃には明るくケラケラと祖父の思い出話などで笑っていた。なんで笑えるんだと怒りながら言ったのも忘れられない。

今回、コロナ禍で過去最高の感染者が出ている状態にあるため病院での面会はできないという。そのため、もし亡くなってしまったとしても遺体に会えるかもわからない。葬儀をすることができるかも不透明だ。 様々なイベントを奪われ、コロナが憎いなんて話も耳にしたことがあるが、自分も初めてそれを少し感じることができた。 コロナをどこか自然災害のような、仕方のないことだと受け入れていた節がある。しかし、もし本当に別れを告げることもできないとしたら、初めて怒りを覚えるかも知れない。 でもその怒りのやり場はどこに向ければいいのだろう。コロナそのもの?対応が(結果的に)甘いと思える国?自治体?外出自粛をしない人? それでも一個人としてはこれ以上感染者を広めないために、自分自身が感染を防ぐことしかできない。やりきれない気持ちだ。

じいちゃんに会いたい。

【週報】1/27

2週間ぶりになってしまった。時が経つの早すぎんか?

新宿区探訪

オミクロン株コロナが猛威をふるい始めていたので最後のお出かけという気持ちで新宿を探訪した。 1/25まで新宿区のPaypay25%還元をやってたので対象店舗を中心に巡った。

curry草枕tabelog.com

スパイスカレーの系統。おすすめは3辛なんだけど口コミを見たら余裕とか書いてあったので5辛にしたら普通に辛かった。初めて行く店はおすすめに従うべきだと学んだ。 あとラッシーを飲んだけど、飲むヨーグルトみが強かった。ラッシーとの違いとは。

食後、紀伊国屋で本を物色。その後、TSUBASA COFFEEで一服。 tabelog.com

美味しいコーヒーとパフェで有名な店らしいけども、酒の提供が止まる前に飲んでおこうという気持ちで C.P.Pを注文。気取らずに言えばウイスキーの響のカフェラテ割。めちゃおしゃな味でうまい。

その後、公共交通機関を避け、徒歩で北上をしパン屋の満へ。 www.hamada-ya.jp

濱田屋系列ということでなんなら新宿駅のルミネとかでも買えたりするんだが…まぁせっかくなので。 デニッシュ食パンとクロワッサンだったかな。少しだけ購入。翌日の朝食とおやつだ。

さらに北上し、お香のお店のJuttoku.へ。 juttoku.jp 寝るときは加湿空気清浄機 or お香の二択。その時の気分次第。 清水寺近くの坂(清水坂?)にもお香屋さんがあって観光に行くと結構な確率で寄ってしまう。

そのまま高田馬場方面へ向かう途中、酒屋さん・野田屋酒店を見つけたので立ち寄る。 www.nodaya-sake.co.jp

このお酒の試飲もさせてもらって、しかもPayPay対象だったので買うっきゃねぇってことで買う。

いろいろお話も聞けてほろ酔いでいい気分だった。

初めて早稲田大学の学舎を見てレンガ造り?的な見た目に圧倒されたりしながらそのまま帰路についた。 この日は22594歩あるいたらしい。なお、その前の5日間はずっと引きこもってたので1日平均300歩くらいしか歩いてない。やばい。なので語ることも特に無い。

日付が変わったらやること

今まで日付が変わったらやることとしてジャンププラスの内容をチェックするというのをしていた。

shonenjumpplus.com

0時に更新してくれるからありがたい。 最近、それに加え、Wordleをやる、というのが加わった。

www.powerlanguage.co.uk

1日1問、5文字の英単語が出題される。それに対し、適当な英単語を入力し、その文字が使われているか、場所があっているかのチェックが走る。6回のうちに単語を特定できれば勝ち、という簡単なゲーム。簡単さ故にネイティブアプリとしてパクられまくってるらしい。しかしこの広告もないし、ウェブでできる簡単さが気に入った。結果のシェアも文字で表現されるのでtweetでも簡単にできる。(それに余計なリンクとかシェアしない慎ましさも良い)

ということで最近これを毎日やってる。

楽しい。

それと、これは毎日ではないけどGeoGussrもたまにやる。

www.geoguessr.com

GoogleMapのストリートビューで適当な場所に飛ばされるので、時間内にそこがどこかを特定(推測)するというゲーム。 これも知的好奇心を刺激されて楽しい。何もない山や平坦な道のとき絶望する。 市街地だと電信柱に地名が書いてあったりするけど、全然知らないところだったり、知ってるところと同名の全然知らない土地だったりするから面白い。 例えば葛西用水路という看板ってのを見て「葛西?東京と千葉の間のあの葛西か!川もあるしそうに違いない!」と思って地図を見てたけど、全然見当たらなくて、他の電信柱を見てたら久喜市という文字が出てきて「久喜って埼玉やんけ!」ってなったり。

ja.wikipedia.org

あと富士見湖というのがあって、富士山近辺の湖をずっと探してたんだけど、全然見当たらなくてダメ元で富士山近辺にピンを立ててGUESSボタンを押してみたら正解は青森の富士見湖だったり。

ja.wikipedia.org

他にも毛利輝元という名前があったので毛利といえば→安芸→広島という歴史の知識で推測したけど、山口県だったり…。

ja.wikipedia.org

とかとか。楽しい。

【週報】1/11

味噌汁

以前書いたとおり、絶賛味噌汁を作っては飲み作っては飲みの生活をしている。

zom.hatenablog.jp

一番最初に料亭の味という白いラベルの一番スタンダードっぽい味噌を使ったのだけど、飽きてきたので健康味噌汁という赤みそと白みそ、たまねぎ、りんご酢を配合した味噌も使い始めた。 結構赤味噌が強く味が濃く感じる。

どちらもそれなりに美味いっちゃ美味いのだけど、なんか物足りないんだよな、と思って追加で顆粒昆布だしも買い足した。

これ1本で6人前?くらいになるらしいのでチビチビ入れて使うようにした。 なんとなくすげーうまくなったような感じがするので買ってよかったのかな、と思う。 まぁ家に顆粒かつおだしもあったんだけどね。なんとなく昆布だしも買いたくなっちゃった。

調整

三者を交えた打ち合わせの予定があり、予定調整が大変面倒。しかもコロナでリスケジュールの可能性もあるのもまた大変。めんどい。

正月の挨拶

祖母に年始の挨拶した。昨年怪我をしてしまって今までのように動けなくなってしまい、食が細くなり、とても痩せてしまったが、痩せたのも落ち着いた感がある。もう齢90を超えてるので健やかに過ごしてほしい。

マンションの大規模修繕

始まるので説明会に参加した。玄関扉が新しくなるのがすごく嬉しい。今のやつ、強い風が吹くとバンバン音が鳴るのでそれが収まってくれるといい。あと、郵便ポストがなくなるので遮音・断熱効果も高まると言っててそれも大変ありがたい。最近玄関〜廊下が寒すぎてしんどいんよね…。

【週報】1/6

明けました

歩いている

先月、AmazonブラックフライデーセールでXiaomiのスマートロガーを買った。 これで歩数を気にするようになって機会があれば歩くようになった。 物の本によると12,000歩でダイエット効果があるらしいので、一応目標は12,000歩としている。

年末年始の歩数
年末年始の歩数

週3で目標達成、1/2に至っては25,000歩も歩いてた。さすがに足裏が痛かった。 12/29も2万弱歩いてたので膝の軟骨がすり減っているんじゃないかとちょっと心配になるレベル。

一方で仕事初めの1/5(水)、在宅勤務のこの日はわずか500歩である。極端過ぎる。

DAIBAKUSHOW

年末にお笑いライブのDAIBAKUSHOWを観に行った。 特に面白かった人だけピックアップして書いてみる。敬称略、順不同(思い出した順)

千鳥

面白かったのだけど、この面白さは普段の千鳥を知っているからこそ、だなと思った。というのも、このネタを過去に見たことがあるのだけど、そのときはそんなに面白いと思えなかったから。たぶん文字で「タルタルみちゃちゃちゃ」とか書いてもなんも面白くないと思う。クラスで流行る笑い、みたいな2人だな、と感じた。

やすとも

めっちゃ面白かった。大阪の人ってだいたい面白いよね(経験談)、っていうのを地で行く人たち。女性芸人でしゃべくり漫才なんてほとんど見ないので新鮮だったし、楽しかった。また見たい。

中川家

トリ。安定の面白さ。

シソンヌ

ATMは使えないけどスマホは使いこなす爺さんのコント。愛してるよ婆さん、写真をインスタに上げていいよね!がつくまでご飯を食べれないなど、めっちゃ面白かった。有吉の壁でしか知らないのでいいもん見れた、という気持ち。

銀シャリ(オズワルドも似た評価)

ツッコミが面白いね〜。ツッコミでボケが更に面白く感じるのでこれぞ漫才、という感じ。 あのツッコミを見ちゃうといくつかのコンビのツッコミがただ叫んでるだけじゃん、と思えてしまう。いや、それはそれできっと面白いはずなんだけども、自分はこっちのほうが好きなんだろうな。 腹を抱えて笑うまではいかないけど、満足度の高い笑いって感じ。

大阪

年始は親族の関係もあり大阪に行ってた。前回は2020年9月だったのでおよそ1年半ぶりである。 前回はコロナのせいもあり、御堂筋・難波らへんの繁華街はかなり閑散としていて、特に外国人がほとんどいなかったと記憶している。 しかし今回、外国人はまだ少ないもののちょっと見かけたし(アジアより中東系の人のほうが多かったかな?)、なにより日本人が多かった。 もうコロナも終わって落ち着きを取り戻したのかな、というふうだった。 総量で言うとピーク時の70%程度かな? そんな事を書いている今、オミクロン株が流行り始めている。どうなることやら。

1/6、関東でめっちゃ雪降った。 そんななか物理出社してしまった。もうちょっと融通を利かせればよかったと反省。

【週報】12/28

1回きりで終わるところだったけど唐突に思い出せてよかった。

仕事納めた

仕事先ではオフショアで開発をしているのだけど、BSEから火の玉ストレートなフィードバックをもらって死ぬかと思った。最悪な気分で仕事納めた。年明け頑張ろう…。

アニメ

鬼滅おもろい。すでに知っているけどもはやく先が見たい。

ポプテピピックこおろぎさとみさんの声、めっちゃ好きなのでセリフが少ない(と思われる)最終回だったのはちょっと残念だった。シーズン2でまた会いたい。

味噌汁

www.youtube.com

2021年は暇さえあればチョコプラとオモコロの動画を見る生活をしてたのだけど、オモコロのこれにまんまと乗せられてマルサンアイの鮮度みそを買おうとした。したんだけど近所のスーパー3店舗くらい回ってみたけど全然売ってないの。 しょうがないのでamazonで売ってたマルコメの方の液みそにしちゃった。

こっちは開封後の常温保存ができないとか使い勝手面で多少使いづらさがあるんだけど、食べたくなっちゃったからしょうがない。 で、最近味噌汁を飲む生活をしてる。普段はあんまり飲まないんだけど、自分で買ったからには…。 あと冬の寒い朝電気ケトルで沸かしたお湯に溶かすだけの具なし味噌汁とかで体を起こしたりもしてる。 悪くないんちゃいますのん。

競馬

ホープフルステークスに知人の馬が出るってんで買った。初めてウィンズ行ったけどコロナのせいもあってテレビ中継とかもしてないし土地余らせてるな〜、という印象。 とはいえ常時5,6人くらいが券売機にいたのでそれなりに人は来てた。有馬記念終わり、ホープフルステークス前のタイミングだったからかもしれん。

ちなみに馬券は見事に当たった。3.1倍。めでたい。 しかし裏で買ってた三連複が大外れ。大負けと相成った。きっつー。 でもガチャでSSRが出なかったくらいって思えば大したことないな?って思えるから課金が趣味だと強い。

牡蠣食った

月初にふるさと納税で頼んだ牡蠣500g*4が連日着弾したせいで飽きるほど牡蠣を食べた。が、会社の同僚がコロナも落ち着いてきたし定番の牡蠣を食べようと提案し、その流れを止めることができずさらに牡蠣を食べることに。

クリスマスらへんからちょっと気持ち悪くなるくらいに連日爆食いしてたので、そこにこれはアカンと思ったので気休め程度に阿佐ヶ谷から新宿まで歩いた。およそ8km程度(2万歩弱)。1日だけこんな歩いてもしょうがないことは分かってはいるんだけどレストランの予約時間をつぶすのにもちょうどよかったし。ただ、さすがに東中野らへんで足裏と膝が痛くなって電車に乗ろうか悩んだ。が、その場合の時間の潰し方が思い浮かばなかったのでおとなしく歩いた。結果レストランには予約の5分前着という素晴らしい読みだった。

歳とった

といっても特に変化のない一日だったので語ることもなく。そういう記念日とか節目みたいなものに疎くなってしまった。