読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勢いに任せて炊飯器でローストビーフ作った

zomです。 この前、スーパーに行ったんです。相変わらずI love OK
そこでオーストラリア産牛ももブロック肉が目に入ったんです。
目に入った瞬間「あ、ローストビーフ作らなきゃ」となったので作りました。
なんでかは分かりません。

作り方はいろいろあると思いますが、自分のやったやり方です。

必要なもの

  • 胡椒
  • 牛ももブロック肉(今回は100g 200円のオーストラリア産を400g)
  • キッチンペーパー的な水分を吸い取ってくれるもの
  • ジップロック
  • 炊飯器
  • フライパンとか基本的調理器具。特にトングがあると楽。
  • ステーキソースとか

肉に胡椒を振りつつ常温に戻します

f:id:zomy:20160907010943j:plain:w600

冷蔵庫に入れておいた肉を冷蔵庫から取り出します。
キッチンペーパーで血(ドリップ)を拭き取ります。
拭き取り終わったら胡椒をまんべんなく振ります。
振ったら臭み消しと常温に戻す意味もこめて30分ほどそのまま放置。
こだわる人は臭みを消すために香草やニンニクなどと一緒に一晩冷蔵庫に寝かせるらしいですね。
香草もニンニクもなかったので30分放置コースにしました。

放置している間に鍋に水を入れて沸騰させておきます。
沸騰したら沸いたお湯を炊飯器の釜に投入して保温状態に設定します。
うちの象印の炊飯器は保温の設定が低と高がありました。サイトによると低が約60度、高が73度とのことでした。
食中毒などを引き起こす菌はだいたい60度ちょっとで30分以上加熱することで殺菌することができると言われています。
そこらへんは各自検索してみてください。(迂闊なこと書けないので(´;ω;`))
食中毒が怖かったので高(73度)の方で保温しておきました。より生肉っぽさをお求めの方は低のほうがいいのでしょう。
実際、結構火が通った状態に仕上がったので高の場合、もう少し短い時間でも良かったかも?

表面を焼きます

f:id:zomy:20160907011023j:plain:w600

30分経ったら全体に軽く塩を振ります。
胡椒と一緒のタイミングで塩を振ると浸透圧の関係でドリップがまた出てきてしまうので焼く直前に振ります。
量は適当です。どうせあとでソースで味付けするので少なめでも大丈夫だと思います。
フライパンを熱して油を少量入れます。自分はオリーブオイルを入れました。(入れすぎて揚げ肉になりかねなかったので、焼きつつキッチンペーパーで拭き取りました)
中~強火で表面を焼きます。焼色がついたらひっくり返したりして全面をまんべんなく焼きます。
トングがあれば側面とか焼くのも楽ですね。
焼かない方法もあるようですが食中毒が怖かった(略

こだわる人はこの肉の脂でソースも作るらしいですが、面倒なので市販のものを買いました。
しかもステーキソース。ローストビーフ用のがなかったので…。
それに今回はもも肉なのでそんなに脂でないし。

ジップロックに入れます

f:id:zomy:20160907011050j:plain:w600

100円均一のじゃないほうがイイと思います。
だって100円均一のやつにいれたら穴が空いてて茹で肉っぽくなっちゃったのです。
結構ショックだった。
とにかくジップロックに肉を入れて空気を出来る限り抜いて封をします。

お湯を張った炊飯器に入れます

f:id:zomy:20160907011133j:plain:w600

しっかり封をしたことを確認して炊飯器にジップロックを入れます。
前述のとおり空気をできるだけ抜いておくと良いです。そうすると沈んでくれるので、肉全体がお湯に浸かり、まんべんなく火を通すことができます。
空気が入ってると浮いてしまい、上になってる面に火が通りにくくなります。
ちなみに僕の場合、100均のジップロックもどきだったせいで小さな穴が空いててそこからお湯が入り、結果的に茹で肉っぽく(二回目なので略

この状態で最低30分放置します。
僕の場合、少し空気が入ってたせいで浮いていたので15分経ったタイミングで上下を回転させました。

30分経ったら取り出し、冷やし、カットします

f:id:zomy:20160907011216j:plain:w600

ローストビーフといえば、冷製ですよね。
なので30分経ち、炊飯器から取り出したら氷水などで冷やします。袋に入ってるのでそのまま氷水などに浸ければよいかと思います。
僕の場合、袋内に浸水していたことがショックで冷やすのを忘れてカットに入りました。ちょっと熱かったです。
でももう袋に穴が開いてる時点で冷やす気が失せました。冷やさなくてもそれなりに美味しくいただけます。
結局冷蔵庫に放り込んで冷やしました。

盛り付けます

f:id:zomy:20160907011247j:plain:w600

柔らかい葉物の上に乗せるといい感じですね。
なにをとち狂ったかキュウリとトマトも添えちゃいました。
オニオンスライスなんかも相性が良いですね。冷やしてる間とか湯煎している間に準備しておきましょう。

ワインも開けます

f:id:zomy:20160907011311j:plain:w400

牛肉にはやっぱり赤ワイン、ミドル~フルボディが相性いいですね。
ちなみにこれは数百円の安物ミドルボディのワインでした。フルボディのほうが良かったなぁ。

食べます

あとはもう召し上がれ!美味いんだコレが!!!!!!!!!
消費期限当日(だからちょっと色が茶色い。肉は腐りかけが美味いって言うし多少はね?)のオーストラリア産の肉でこれだけ美味いんだからもっと美味しくなる余地あるわー、と思って早くも2回目を試したい欲求にかられています。

みんなも手軽にローストビーフを堪能すると良いと思う。