読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年、買ってよかったものを5個だけ紹介します

SE215 ガジェット ペレスクルス レビュー 岩手短角牛 日記 死神の精度 飲食

zomです。年の瀬に久しぶりの投稿です。年が明けてました。 書き始めはまだ2014/12/31 11:34:00くらいですけど書き終わる頃には年が明けている気がします。 先に断っておきますが、いわゆる糞アフィリエイト記事です! 周りが書いてるから自分も備忘録的に書いちゃおうかなって!

さくっと思いついた5つだけ紹介します。たった5つ!他にもいっぱい買ってるでしょうに! でも自信を持って勧められるのがこれくらいしか無かったんですよね。

まず1つ目。小説部門伊坂幸太郎さんの「死神の精度」

Kindle版で続編の「死神の浮力」が安かったので買ってしまったのですが、買ったあとに「え、これ続きものなの?」ってことで最初の作品である「死神の精度」も買いました。 この「死神の精度」は主人公が「死神」です。人の世界に行って七日間、対象者の行動を観察して生か死かを判定します。(作品内では可か見送りと表現されてます) でも善悪だのの判断基準はなく、特に何もなければ可、つまり死となります。 ちょっとズレた価値観の死神と七日間の人間のやりとりが、面白かったり切なかったり、オムニバス形式の短篇集だというのに伏線が張ってあったりとするわけです。 そう、短篇集だからサクサク読めるのです。自分は読むのがたぶん?速い方なのですが一章一時間くらいで読み終わるので通勤の時間が楽しくなっちゃいますね。 自分の場合、お昼ごはん食べつつとか、家帰ってきたあとも続きが気になってそのまま読んじゃうとかそういう感じでしたけども。 とにかく読みやすいのに一章ごとの読後感、そして一冊読み終わったあとの読後感が気持ち良いのでお勧めします!

続きまして、IT部門TranscendのSDカードリーダー!

自分はデジカメと一眼レフとどちらも持っているのですが、撮影したデータの受け渡しが非常に面倒でして。というのも自分の住んでるマンション、ケーブルテレビの回線でアップロードが非常に、非常に遅いのです。たぶん10kbpsとかそんなレベル。動画とか無理。上げるの1日がかり。 そんなわけでSDカードごとホイっと渡したいのですが、相手がSDカードリーダー非対応のパソコンだったりすると目も当てられません。(最近のノートPCはだいたいリーダーついてそうですけど。) そんなわけで買ったのがコレ。USB3.0に対応しているので転送も高速ですし、1,000円とお安いのでSDカード挿したまま相手に渡して「来週までに返して」みたいなラフな感じで使ってます。 microSD XCにも対応しているので最近のAndroidに使ってるSDやGoProのにも使えますね!でもどちらもAndroidとかGoProにケーブル直挿しした使い方のほうが楽ですよね!知ってます!無理やり例を出しました! というわけでSDを誰かに手渡すときなどにどうぞ!

それから飲み物部門!チリ産赤ワインの「ペレスクルス」です!

会社の同僚と銀座からほど近い場所である新富町のワインバル「ポンデュガール」に行ってきまして。まだ陽が落ちきっていない酒に溺れる日があってもいいじゃないか、なんて大人な遊びを二人で実行しました。 ただ、自分も同僚もどちらもそんなにワインに詳しくないので店員さんに適当に「こんな感じの赤ワインで」とか注文してました。そのうちの1つがこの「ペレスクルス」です。 渋いのが苦手なので年季の入ったものとかフルボディを敬遠している僕と同僚でしたが、このペレスクルスは

「ミドルボディに飲み慣れた方が飲んでみると『これはちょっと違うぞ』と思うかもしれない一品です」

と勧められて飲むことになりました。 たしかにミドルボディとかライトボディを飲んだあとにコレを飲むと 「おお、なんだこの後口は!チョコ?カカオ?なんか今まで飲んだワインと違う!!!」 と二人揃って衝撃を受けたのです。このポンデュガールでは赤白ともに何種類かをグラスワインとしていただけるのですが、3杯目4杯目と2連続でペレスクルスを頼んでしまいました笑 さらに店員さんにこのワインの詳細を聞いたりしまして。 「結構そこらへんのお店でも手に入りやすいです」って言うもんですからエノテカとかヴィノスやまざきとか伊勢丹とか行って調べたんですけど、全然ないんですよね。。。 なんやねん店員さんの嘘つき!と思ってネットで調べたらamazonで扱ってたというオチ。amazonマーケットプレイスからもいくつか出品されていますが上記のリンクのamazonが発送販売をしているこの2本セットが一番コスパが良いかな、と思います。

気に入ってしまったので購入しては1本は自分で飲み、1本は各方面の宅飲みに持って行ってます。 そのときいただいた感想を転記します。

僕の上司(酒強くない)「重いの苦手だけどこれはイケる。うまい」(3杯目なのでまだ正気なとき) 僕の後輩(ワイン好き)「あっ、これは美味しいですね」(イケメンボイス) 僕の父(赤ワイン派だけど渋いの苦手)「フルボディだけど渋すぎない」(美味いとは言わない)

という感じでした!父とは微妙に好みが違うのか。。。 ちなみにフルボディで濃い目、ということで味の濃いお肉なんかと一緒にいただくのが良いです!ビーフシチュー的な?とりあえず牛肉と合わせると良いかと思います! というわけでミドルボディからフルボディに少し手を伸ばしてみたい方はいかがでしょうか!

そして食べ物部門岩手短角牛!!!

ってamazonのリンク貼りましたけど、別にamazonのこの肉を頼んだわけではないです。 頼んだのはこちらの柿木畜産のサーロインとヒレのステーキです。 amazonの写真では肉がピンクっぽくていかにも新鮮!風な感じですけど、実物は結構な赤身です。 っていうか冷凍されてるせいか赤黒く見えます。正直「えっ」って思いました。でも、でもでも! 美味しいのはこの赤身!!!ほっとんど脂身のない赤身肉が最高に美味いんです!!!マジで目をひん剥いて驚けって!! 失礼、取り乱しました。

代引きで両親に送りつけて(事前にお金は両親に渡しておきましたよ!)調理してもらったのがこちらの写真です。

岩手短角牛ヒレステーキ

お母様、もう少し撮影の腕を上げてほしい。 それでは両親からの感想です。 母「美味しかったよう。う、うますぎた...」(ほんのり「よつばと」テイスト?) 父「ワインはともかく肉は美味い。本当に美味かった」(二回言うほどだった模様。あとはワインはともかくって。。。) と好評でした!そう、この短角牛とペレスクルスをセットで両親にプレゼントしました!だって両方美味しいんだもん!

ちょっとお値段は張りましたが美味しい赤身の肉、ということで自信を持ってオススメできます!

最後、オーディオ部門からShureのSE215 PremiumEdition(PE)!!

今まで1万円以下でイヤホンをいろいろ使ってまして、一番安いので2000円くらいのから7000円くらいのまで。コレの前はオーディオテクニカのATH-CKS70ってのを使ってました。 今だとCKS77Xとかいう型番で脈々と受け継がれている低音が売りのイヤホンですね。 確かにこれを初めて使った時は低音の迫力に笑いが起きるくらいでした。 しかし、たぶんこれいわゆるドンシャリで高音と低音は出るけど中音域が~みたいなやつだと思います。 聴いてる音楽もロックが多いのでドンシャリでも良いかな、と思っていたのですが夏のボーナスも出たことだし、ちょっとワンランク上のやつも買ってみようかな、なんて思い始めました。 バランスドアーマチュア型とかも試してみたいとかいろいろ欲望がね。カメラのレンズと同じくヘッドホンの沼にはまりつつある、と言ってもまだ全然浅い沼ですけど。 遮音性も欲しかったのでいろいろ調べてたら出てきたのがShureのSE215。 元々Shure掛けの存在も知っていたし試してみたかったのと、あとPEの色が気に入ったので軽く視聴をして購入。 感想ですが

  • Shure掛けはメガネかけてても可能
  • Shure掛けによりタッチノイズが減ってGood
  • ソフトフォームイヤパッドと呼ばれる普通はゴムで出来ている耳に入れるやつ。あれがウレタンでできているからか、奥までギュッと入る
  • これにより遮音性もバッチリ
  • これのおかげか低音、中音、高音もどれもよく聞こえる!

と、まぁShureステマかってくらいベタ褒めのいいコト尽くしですわ。 Shureの回し者にしては文章力なさすぎだけど。 欠点として

  • マスク×メガネ×Shure掛けはさすがに耳に負担かけすぎてちょっと辛い
  • 会社の後輩と丸かぶりしてた

なんかがありますが、前者は時期的なもの、後者は気にしない!ので問題なし!

とにかくこれを装着してお気に入りの音楽をかけて1時間くらい散歩するのが10月~12月のマイブームでした。(おかげで歩きすぎて痩せました) 本当に音楽が楽しくなってQOL(QualityOfLife)が上がったなーとまで思うくらいでした。 ちなみにこれを書いてる今でも215、使ってます。 ちょっとイヤホンの趣味を広げていこうとする入門を脱したい方には自信を持って勧められる一品です!

ということで5つ書きました!途中よつばと!読んだり家族と話してたら当然のごとく年が明けてました! こんなマイペースなブログですが本年もよろしくお願い致します!